チューリップの育て方|色とりどりの草花による多大なる癒しを得よう|ガーデニングを楽しむ

色とりどりの草花による多大なる癒しを得よう|ガーデニングを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリップの育て方

園芸用品

ガーデニングを始めたいという人の中には、チューリップが好きな人も少なくありません。チューリップは一般的によく知られる植物ですが、ガーデニングで育てるのは難しそうだというイメージもあります。育てるのに大切なポイントを押さえることで、自宅でチューリップを楽しむことが可能です。チューリップを育てるポイントは、水はけが良く栄養分の高い土で育てるということと、冬の寒さにさらすということです。では、具体的にその方法について見ていきましょう。
まず土の作り方ですが、プランターに植える方法や地面に直接植える方法があります。プランターに土を作る場合には、赤玉土と腐葉土、川砂を6対3対1の割合で混ぜあわせます。地面に直接植える場合には腐葉土や堆肥を庭の土に混ぜあわせて1週間程度おきます。毎年ガーデニングをしたいという場合には、その都度きちんと土作りを行なうことが大切です。なぜなら、一度養分を取り入れた土でもガーデニングを行なうことで植物が栄養を吸い取ってしまうためです。土作りをした後、プランターの場合その中に土を入れますが、このとき十分な深さがあるプランターを選ぶようにしましょう。チューリップを植える場合浅いプランターに植えてしまうと、球根が地面から出てしまうことがあるので注意が必要です。球根を植える時期は10月から11月の上旬にかけてが適しています。植える前には球根の薄い皮を剥がし、15分ほど消毒液につけておくことで発芽が促されます。植えるときには球根3つ分ほどの深さまで穴を開けることが大切です。